2004年10月31日

修正修行中

 もうちょっと指のお腹側を使うように変えた、手の形に慣れるため、いろいろ弾いてみております。慣れたら前より運指がやりやすくなったような気がします(^_^)v

 でも、指のアーチが前よりぺったんこなので、隣の弦に触ってしまいがち。音が裏返りがち。押さえ方が甘いのかなあ。もしくは弦が伸びた…とか…!?

 弦は、最初に買った時のままで、1回も換えたことがないのですが、そもそも、伸びているのか、普通にこんな音なのか、イイのか悪いのか、違いもよく解らないんですの。

 弓も、いつ松脂を塗ったらよいのか解らず、1週間に1回位、そろそろ塗っておこうかなあ…とシャーシャーシャーシャーと2往復位、塗るんですの。丁度いいのかどうか、解らないんですの。

 トホホホホ〜。特に困ってないからいいのかなあ…。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

大砲コンサート

 あいにくの雨の中、陸上自衛隊朝霞訓練場での「大序曲1812年」チャイコフスキー他コンサートに行って来ました。かなりの雨降りの中、決行されていたのです。

 訓練場の入り口まで行くと、自衛隊のマイクロバスで会場まで連れてってくれました。隊員さん達は、雨の中、傘もささずに、ビシッと警備にあたってらっしゃいました。カーキ色のロングコートがカッコイイです。

 悪天の中、結構来ていた観客も、傘をさして雨合羽を着て、震えながら聴いていました。女子高生の団体が来てて、ミニスカ寒そうだった〜。楽器隊は、高価な楽器を使用しているため、テントの下での演奏です。

 1812年の前に、ショットガンのパートがある曲の、ショットガンのパートを大砲で演奏されたのですが、ドカンッ☆ギャッビックリ!エー!?曲になってないのではっ!?と、ちょっとギモンなカンジに(笑)。

 しかし、ザザ降りの雨の中、出番が来るまで、ずぶ濡れになりながら、大砲係の隊員さん達は、直立不動です…。可哀想です…。そして出番近くになると、大砲の指揮の人の合図で、そうてーん!で弾を装填、発射☆ドパンッ☆車に乗って戻るときも、みんな号令で一緒の動きでした。

 ゲストとして、近所の大泉学園にお住まいの、松本零士さんが来てて、大砲が楽器として使われるような平和な未来になるように…とのお言葉をいただいてました。銀河鉄道999が演奏されました。

 チャイコフスキーでは、ドカンドカンと10発くらい、派手に発射されて、最後に、特に大砲隊のヒトに、みんな拍手していました。

 晴れてたら、もっと豪快だっただろうなーと、残念でしたが、装甲車や軍用車が停まっててちょっと面白かったです。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

残業のうえ

強烈な風邪もらったみたいで、扁桃腺が痛い位に腫れちゃってます。
会社では、よそゆきの声で電話に出るので、ノド飴10個位なめました…。
(そういえば昔、"いらっしゃいませ"は、ラの音の高さで!とか習ったなあ…チューニングだったのかしら…?)
抜歯の際に出して貰った化膿止めの抗生物質を既に飲んでますが、ノド痛いので、今日はもう練習休んでマスクをしてオヤスミナサイです…。

 昨日、ちょっとだけ練習したのですが、手の形を、ちょっと変えたせいで、位置があわなくなって、4の指がらみの移弦が、できなくなっちゃいました…ガーン、指の幅の感覚、覚えなおしだ…。

 
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

なぜ指揮棒が…

ヒマな時間にネットを徘徊していたら、こんなニュースを発見しました。

N響でアクシデント アシュケナージ、指揮棒が手に 2004/10/26 (火) 14:42

●23日夜、東京都渋谷区のNHKホールで行われたNHK交響楽団定期公演の最中に、指揮者のウラディーミル・アシュケナージの左手に指揮棒が刺さるというアクシデントが起きた。アシュケナージは演奏中のチャイコフスキー交響曲第3番「ポーランド」を最後まで指揮した後、病院に向かい手当てを受けた。
●アシュケナージは、1937年生まれ。N響との7月のヨーロッパツアーを成功裏に終え、この日がN響の音楽監督就任記念コンサートだった。前半の演奏が終わり、アシュケナージは何事もなかったように舞台を去り、アンコールの拍手が起きると、一度は元気に小走りに姿をみせ聴衆に応えた。後半のチャイコフスキー交響曲第4番は、コンサートマスターが弾き振りで演奏した。

引用:モーストリークラシック・エキサイトより


指揮棒って、そんなに先が尖っているんでしょうか。もしくは、あまりの激しさに折れ、それが刺さったってコトなんでしょうか。なんにしても、痛そうな話デス。
指揮者が、いなくなった場合は、コンマスが"弾き振り"なんですね!
弾き振りって…やっぱ弾きながら振る…ってどうやって…?
posted by フィー at 16:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

問題解決の方向にて…

 本日、歯医者さんで、親不知を抜くために、大事をとって有給休暇をとりましたっ。
ううっあうあうっう?といってる間に、抜かれてました。最近は抜歯も全然痛くないんですね…。そんな顔半分、麻痺った状態で、練習しました(笑)。

・楽譜を見ながら弾いてみよう〜
極力、楽譜を見ているようにして弾いてみました。
弓がズレると思っていたんですが、ハレ?ズレない。弾けてるっぽい…?
ど真ん中は外してるかもしれませんが、とりあえず、駒と指板の間を外すことはなかった…。
オオ!!いつのまにか、まっすぐボーイングになってたのかな…。

・薬指と小指が離れてますの件
手の形をじっくり研究してみたら、指が立ち過ぎてるような気がしてきた。
E線の時、もっと、指の腹でぺったんこに押さえてもいいような。
これだと、小指が押さえやすいのを発見☆

んー、今日は、問題が解決の兆しアリ、歯も無事に抜けて、すっきりした日でした(笑)。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

くっつかないけど…

 薬指と小指の指先が、どうやってもくっつきませんが、ちゃんとした半音が出ないのか、チューナーで確認だー。
 基本の手の形を崩さずに、E線で、1の指から、チューナーを見ながら正確な音の場所に指を置いていきます。1〜3までOK。その位置を離さずに、4の指を3の指の隣に下ろすと!ムム!シのフラットより微妙に高い〜(;_;)。目一杯寄せてるのに。クー!!
 ならば!小指の指先の力を薬指側だけにかけるのだっ!うりゃー!
…なんとか、シのフラットになったよ…?…でも、毎回コレ…?ううっ(;_;)
 薬指と小指の指先を輪ゴムで縛り付けたい気分です。

 今日は、終始、右手の親指が突っ張らないように、ふんわり持ちに注意しながら練習してみました。スタッカートだらけのアンダンテも、ふんわり持ち。…ちょっとムリが生じるところもありますが。ある曲の途中で、すごくラクにきれいに音が出るようになって、コレだわー!!と思ったものの、具体的にどうなっていたのか思い出せず。

 あと、Nさん日記を読んで、私は相変わらず、楽譜より、弦と弓の毛の接着地点を見てるので、改めて楽譜を見るよう心がけよう…と思いました…。

 忘れないよう箇条書きにしておきます。

・いつも、心に、ふんわり持ち
・楽譜を見よう
・指の強化体操をサボらない

…どんどん増えていきそうな…。
posted by フィー at 22:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

地震だー!!

 昨日は、教室レッスンが終わった後、家の人とイタリアン&ケーキバイキングに行く予定だったので、待ち合わせの時間まで、まんがカフェで時間をつぶしていました。一条ゆかりの「プライド」という、オペラを歌う女の子の漫画を、ちょうど読み終わった所、ンン?なにっグラグラしてるよ…?う、うわっ揺れてる揺れてるーっ地震っ地震だコレはデカいわっいやーっこんなところで死にたくないよ〜(漫画に埋もれて発見されたら、らしい…ってウケるかも…)ペアシートを3つ占拠してゲームしてたうるさいガキどもも、地震だーと騒ぎだしました。

 ところで、震源地どこ?…と、早速、PCで地震速報を検索。
うわっ震度6☆ に、新潟中越!?親戚が住んでいるんですが…。あ、会社のNさんの実家も、そのへんだー。早速、携帯から電話してみるも、発信規制がかかってて、全然、電話がかからない。お家から電話してもダメらしい。震源地からちょっと離れてるから大丈夫かなあ…。

 そんな中、私たちは、その後、イタリアンレストランで食べ放題飲み放題…。
親戚に電話をかけつつ、オードブル3種にパスタ3種にサラダにケーキを4コも…。
 22:30頃、PHSからかけた電話がようやく繋がり、親戚の無事を確認できました。
まだ余震で揺れまくってるらしいのですが、とりあえず人も家屋も無事だそうで、とりあえず、よかった…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小指がヘンかも…?

 数時間後に地震が起きるとは、まるで予想もせず、午後3時半、教室でレッスンを受けていました。地震の話は別に書きまして、ここは今回のレッスン内容を記録しマス。

 先生の声がヘン。「子供達の強烈な風邪がうつったみたいです〜。フィーさん終わったら、うがいしてくださいネ〜強烈です〜」…うがいするの忘れた…のどが痛いような…。


■「アウリスのインフィゲニア」より/C.W.Gluck 14番
2弦同時押しは、ちょっと音がズレた。3重音の次も全弓で、やりなおしてオマケ○。

■基本的なリズムの練習 17〜19番
2弦同時押し部分、3の指がズレたけど、おまけ○。
音がきれいに出ていないと、右手の持ち方と、右手の親指が突っ張ってるのを注意されます。
相変わらず、ちゃんと弓を持てないんだな…最初丸く持っても、ふと気づくと親指が突っ張ってます…とほほ。

ここから予習部
□セレナーデ/J.Haydn 20番
1回弾いてみて、先生より注意点の、最初から勢い良く全弓使うのと、16分音符が4つのスラーのレドシドの所は、私は最初やっぱりピアノを弾く時みたいに、1音ずつ指をあげてしまっていましたが、指を残すようにすると、きれいになりました。
その後、もう1回弾いて、OKですネと○。
エ?もういいの?好きな曲ほど、つきあいが短いような…ちょっと寂しい。

□ハ長調の音階練習(2オクターブ) 21〜22番
ヤーな小指を伸ばして酷使する練習デス。時々微妙に届いてなくてヘンな音が出たりしましたが、オマケ○。

□アンダンテ/J.Haydn 22番
このあたりから、まだ先だと思って、あんまり練習してなかったんですが…。
お馴染み、ド ド ミ ミ ソ ソ ミー ファ ファ レ レ シ シ ソー♪ って曲です。
ほぼ全部スタッカートなので、一生懸命、弓を上げてたら右手が疲れてダラダラに…。
スタッカートのやり方が間違ってて、弓を離すとき、上に上げるのではなく進行方向に。
スラーの直後のスタッカートが難しい〜。次回宿題。

□勇者はかえる「マカベウスのユダ」からの合唱/G.F.Handel 24番
仰々しいタイトルですが、表彰式の時の曲、凱旋の歌ともいうアノ曲です。
1回弾いて、ウン問題ナシ。と○に。はやっ。

□子うさぎ/ウクライナ民謡 25番
このBlogでも飼っている、こうさぎ。ですが、この曲は暗い悲しいAマイナー。なぜ、こんなタイトルなのか…。
同じ音のポルタートのトコ、段々速度を緩めていって止まってから次の音を弾く感じに。
なるほどっと、やりなおして、○に。

□A線上の変ロ音の練習 26〜28番
人差し指をスライドさせる半音の練習。にゅるーとなってしまいます。
手の形は崩さず、人差し指の付け根のみ動かし、サッと移動、サッと戻る。
シュッと戻る。と先生が”シュッ”と書いてくれたので笑えます。練習して次回。

□E線、G線上の変ロ音の練習 26〜28番
小指を半音スライドさせる練習。弾いてみると、「小指を押さえるとき、手の形が崩れてるますねー」と、先生が私の手を固定して「この形のまま小指を薬指に沿って下ろす」…ハレ!?何度やっても、小指の第一関節から先がハの字に開いちゃってて、薬指に寄り添いません…。
「あれ?小指曲がってますか?」「こんな手ですが…」「曲がってはないですネ。大丈夫大丈夫」
エ?でも、これ指の骨が、こうなっちゃってますヨ…?気合とか努力で治らなさ気なんですが…。く、くっつくようになるのかな!?先生は普通にくっついてましたが、普通みんなくっつくのかな…?どうしよう私の小指ヘンなのかしら?

 来週ですが、悩んだ末に、大砲コンサートに行くことにしました。その後に、お店を開店する友人のお店のプレオープンにも行くことになったのでス。先生に、お休みさせてくださいとお伝えして、また再来週♪
 結局、月5回の予定だった10月ですが、いつもの3回になってしまいました…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

来年の準備

↓の本を買いました…。が、買ったばっかりで、まだ読んでいません。

「こんなの買ったのー」と昼休みに会社の友達に見せたら、
「エー!?フィーさんって、"あがる"のー!?全然、そんな風に見えないね〜」
「あがる時は、一杯、ひっかけるといいですよ(笑)」酔っ払ってどうする…。
「自分に好意を持っているヒトだけを見ているといいらしいですよ」
「ワタシが笑顔で見守ってあげますから(笑)」
「演奏が終わったら、立ち上がって”ブラボー!!”って云いますから!(笑)」
「花束持って駆け寄りますから!(笑)」

…みなさん…嬉しいけど…やめてくだサイ…(笑)。

本を読んだら、レポートしようと思いマス。


「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために
カトー ハヴァシュ, Kato Havas, 藤本 都紀, 今井 理瑳

発売日 2002/04
売り上げランキング 24,913



Amazonで詳しく見る4276144582

posted by フィー at 14:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽譜・書籍etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

発展途上

 2弦同時押し、命中率があがってきました。うまくいったときは、普通の音に聴こえなくもない…かも(笑)。
 爪の先、伸びてもいないのに、白い部分が増えちゃった。爪が短くなってきてるらしいデス。でも、爪切りで白いトコちょっと切ってみたら、やっぱ深爪になったらしくて、痛いデス…相変わらずアホです(T_T)

 そろそろ飽きてきたので予習やりました。ハイドンのセレナーデ、きれいな曲で嬉しい♪知ってる曲は、きれいな演奏を頭に思い浮かべて弾くので、うまく聴こえるような。
逆に、知らない曲だと、???と思ってるので、ギコギコに。ひどいギャップだー…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

台風なので

部長より、"嵐が来るので、定時で帰宅なさいまし"指令が出たので、イエーイお疲れ様ーん♪と、外に出ると、滝のように雨(T_T)。靴に雨が溜まってチャポチャポいいながら帰宅…。

  雨の音がすごいのでコレはチャンス☆思いっきり練習だー。

・2弦同時押しっ
・E線のド(伸びよ小指)
・いつもと違う指番号

 …ツライ…弱点を突いてばっかりの練習はツライ(T_T)。いや、本来練習とはそういうものですが。しかしホント今までもう何度も(ムリだ…こんなのムリ)と思ったのに、何とかなってきたってことは、ひょっとしてコレもそのうち微笑ましい思い出になるのでしょうか…。

 今日は、シナちんが邪魔しに来なかったので、2時間も練習できましたっ。
と思ったら、リビングで、袋に入れておいた猫のドライフードが大散乱の大惨事!!
にゃろめ〜☆

 台風トカゲは今、山梨だそうです。
posted by フィー at 23:33| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

イニD!?

 今夜も、2本の弦を、1本の指にて押さえるのに余念の無い私デス…。

 中指はなんとか成功するものの、弦の間も広めで、ちょっと細い薬指が、
どーしても、できないー(T_T)

 ぬっ失敗 この辺でどうだっ くっあと1ミリ うっ片方落ちた ここかっ
 ぐにっ ああっ関節が逆に いててっ爪に入った お ここかっ?
 この辺、成功率高いかもっ ココ? きわどいっ ここだっ どうだっ☆

 そうワタシは、いつしか、A線の時は、きわどい場所を爪の角っこに引っ掛けて押さえ、E線の時はグリッと倒してギリギリ届かせるという反則技を極めていました…。

 ああまるで、タイムを縮めるために、道の側溝にタイヤを引っ掛けながらカーブを曲がる事を編み出した、イニシャルDの主人公、拓海のドライビングテクニックのように。
…って、何の話なんだ!!(笑)…スイマセン…。

 しかし、この反則技には致命的な欠点が☆逆側の爪には引っ掛けることが出来ないので、E線→A線ができないのだ。そうそして、拓海のタイヤ引っ掛け技も、下りのある場所でしか使えないのであった…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

チャイコフスキー「大序曲1812年」

 先日の宴会で会社の人から聞いたんですが、今月30日に、陸自朝霞で、大序曲1812年のコンサートがあるそうです。そう、曲に大砲のパートがあるというので有名なあの曲が、本物の大砲を使用して演奏されるというのデス!!うをー!!耳が壊れても是非聴いてみた〜い!!と早速整理券を申し込んでみたのですが、土曜日なので教室レッスンと重なっちゃうんだなあ。でもめったにない機会ですよネ、コレ…。
詳しくは、 こちら に載ってマス。

 そして今日の練習は、
・2弦同時押しの練習
 指の幅がぁぁぁぁ…足りないぃぃぃ。A線側は、爪とその横のもう指先の側面、
 E線側を弾く時は、もう横倒しの状態で何とか音になる状態…。
 でも横倒しだと音程がズレてしまうので、よろしくないのう…。
 びっくりしたのが、爪で押さえても、ちゃんと音が出る!?(笑)

・「アウリスのインフィゲニア」より 
 アウリスのインフィゲニアっていうのは歌劇のようです。
 3重和音、軽く弾ける様になってきました。あとは、同時押し…。

・17〜19番
 同時押し部分がダメで延々…。そう今日はドレをやってもコレばっかりーウエーン。
 半音の音程がきれいに決まるように指の位置を覚えこみました。

 今日もシナちんが「寒いからヒザに乗せろー!!」と抗議にきました…。 
posted by フィー at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

大人の…?

 先週は台風でお休みだったので2週間ぶりのレッスンです。今週は2回も宴会に出てて
(昨日はジンギスカン。とても美味しかった…太りそう…)練習サボってたので、教室に行く前に、練習してから行きました。サボるとせっかく掴んだ微妙な感じを忘れちゃいます。 

■ト長調の音階練習(2オクターブ) 2巻5番
・マルトレ 一発OK貰いました☆やり方あってたけど実はもっと軽やかな感じだった。
・マルトレアクセント 難問だったコレ!!やり方間違ってた(笑)。弓を弦から離しちゃダメかと思ってたら離すんだった☆先生いわく「それでできるなんて器用ですネ(笑)」。
そ、そうなのね…。で、やり直したら、いつのまにかできるようになってて、ちょっと失敗アリだけど、なんとかOK!!やったー!!ついにマルトレアクセント終了だ♪

■メヌエット/G.P.Telemann 9番
マルトレアクセントを掴んだので、なんとかOKでした♪ちょっとモタってたけど…。

ここから予習部

□若き日の 10番
ポルタート奏法が出てきました。同じ音のスラーの音符にアクセントがついてる。要は、弓を返して弾くときと同じように聴こえるように弾く奏法のようです。マルトレアクセントに飽きた時によく練習してた曲なので、一発OK。

□ハ長調の音階練習 11〜12番
これも練習してたので何とか○。

□ハ長調分散和音の練習 13番
次の音を弾くまで、前の指を離さないのは、キレイな響きを残すため。余韻よいん。
怪しかったけど、何とか○。

□アンダンテ 14番
簡単かも。○。

□「アウリスのインフィゲニア」より/C.W.Gluck 14番
謎なタイトルです。難関があります。
・最初の3音和音。どうしたらよいのやら。と言うと先生が弾き方を教えてくれた。
2本ずつ弓を置いてから駒の傾斜に沿って速く弾く。できたー!
・一本の指で2本を押さえる所。指の太さが足りず、弦の間に指が挟まってるんですが…。先生曰く「そうなんですよ。そんな時は、コッチ指の端っこで押さえてて(爪の角の所)こっち弾く時には指を傾けます」とお手本を見せてくれた。私の指、横幅が足りません…あと根性が無いです…。次週の宿題。ムズイ…。

 先生が「マムシ指になりやすいヒトのトレーニング」と壁に両手を、パーの指をほんの少し丸めた状態でつけ、腕立て伏せの要領で力を加えます。ううっ手が、わなわなわなと笑います。先生は余裕☆ 指先の辺りを鍛える運動で、指に力がつけばハイポジションになった時も押さえやすくなるそうです。ム!!毎日やらねば!!ってやっぱりヴァイオリンって体育会系だ…。

□E線上のヘ音の練習 16番
指を半音分、スライドさせる練習。簡単なので○。

□基本的なリズムの練習 17〜19番
17番
リズムは大丈夫ですが、2弦同時押しの所で、弦の間に指が挟まって沈没…。
あとE線のラの音が不安定です。次週宿題。
18番
16分音符4つスラーも、ちゃんと全弓4等分にして。スタッカートを軽やかに。次週も。
19番
3音スラーの連続。なめらかに弾くために常に先の指の準備準備。最後にイレギュラーな指番号が出てくる所「先生コレって…?」と聞いたら「マ!ナニこのいやらしい指使いっ」と言いながらお手本を見せてくれた。けど、ウケててよくわからなかった。ヤバ(笑)

「来週はこのあたりまでにしましょうか。今週もいっぱい進みましたねー!私は結構、基本にウルサイ方なので同じ曲で3ヶ月やった人もいたんですけど(ヒエー)、後戻りしなくてもいいように順調に来てると思いますヨ…」と先生は教本をパラパラめくって、あ、この曲はこんな曲なんですよー。ここはこんな風に…と数曲サワリを弾いてくれた。ウーム先生が弾くと、ちょっとしたフレーズも、すごくいい曲に聴こえる☆

 ノリノリで聴いてると、いきなり先生が爆弾発言。
「もう、フィーさんも、発表会に出られますネ〜♪」
「エ…エエッ!?そっそんなの、あったんですか?」
「あるんですよ〜”大人の”っていうのが」(なんだそりゃー)
「そそそれは必須なんですか?」
「いや絶対ってワケじゃないんですけど、色々勉強になるし楽しいですよ。お話したり合奏したりする友達もできるかもしれないし、出てみるのをオススメしますヨ。おじいちゃんおばーちゃんから、サラリーマンがスーツ着て弾いてたりしますから、全然、大丈夫(笑)」
「アハハ☆その発表会って…来年ですよねっ!?」
「そう毎年今頃なんですが、今年はもう終わっちゃったんで、来年、是非!」
「いっ1年あればマシになるかもっ…あの、スゴいドレスを着て出てもいいですか?…姫ー!みたいな」
「アハハハ〜いいですねー(笑)」

 来年は…ドレスで大人の××××っ!!

 …とか、すごくノリ気になってるように見える私ですが、実は、極度のあがり症で小心者、何より人前に立つのが苦手で、緊張のあまり失敗した経験数知れずなんデス…。普段が、ひょうきんな性格のせいか何でも平気そうに見えるらしくギャップで余計に引かれます…。ああっ出るの想像したら、もう緊張してドキドキしてきたっ!来年の話なのに…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

Windows Update de トラブル

自宅のも会社のも、Windows XP なんですが、先日、SP2をあてたおかげで問題発生。

自宅:
自動更新アリにしておいて、コンピュータの電源を切ろうとしたら、
「更新をインストール中。コンピュータの電源を切らないでください。電源は自動的に切れます。」
とか云いつつ、はや6時間。…遅すぎるので、もう強制的に切って出勤しちゃいましたー。
MSのサイトの解決法↓
自動更新中に [コンピュータの電源を切る] をクリックすると 「3 個中 1 個の更新をインストール中。コンピュータの電源を切らないでください。電源は自動的に切れます。」のメッセージが表示される場合があります。

切っちまった後、再度電源入れて、Windows XP が正常に起動した場合は、
1. Windows Update サイトに接続して、セキュリティ更新プログラムのインストールを行います。
2. Office Online サイトに接続して、Office のアップデートを実行します。


会社:
Windows Update サイトで、sp2以降の重要なupdateを2つ手動更新しようとした所、更新のダウンロードに失敗。エラーコード 80072EFD が出てばっかり。MSのサポート情報では、プロキシ使うなと。会社なのでプロキシ外せないんですっ。と、検索してた所、解決法を発見。
IEの設定がOKなら、

コマンドラインから
proxycfg -u

※現在のユーザーの Microsoft Internet Explorer 手動設定からプロキシ設定をインポートします。

を打ったら、あっさり解決。
コレ、結構なヒトがハマると思うんですがー。この徒労と検索にかけたムダな工数、どうしてくれようっ。
posted by フィー at 17:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

宴会week

今夜は、職場の歓迎&親睦会に行ってたので練習お休みデス。
そして金曜日も歓送迎会で宴会デス☆
ピリカラ鍋おいちかった♪最近、食べ物がヤバい位に美味しいぜ(シブがき隊をご存知ですか)
練習をサボったのは、それだけが理由でなく…。
昨日から某巨大掲示板発祥の純愛ドキュメンタリー(?)「電車男」にハマっていたのです。
ストーリーは、あるアキバ系のヲタクンが、電車で酔っ払いから女性を助け、それがきっかけで恋愛に発展していくと言う、どっかで聞いた様な話なんですが、話題なのが、その電車男氏が、掲示板のみんなに相談したり、リアルタイムで心境や状態を書き綴ったりして進行していく臨場感、彼のピュアなキャラクタ…ってとこ…?

…なぜか冬のソナタが聴こえてきそうです。面白かったけど感動しなかったなあ…リアルなのに、作り物の匂いがするせいなのか。そうワタシは、冬ソナの音楽が流れると、思わず涙ぐんでしまう人がいる中、吹き出しそうになるひねくれタイプなのだった…。

書籍化でニュースになったせいか、ここと同じseesaaに、まとめサイトがあったのですが、突然アクセスランキング1位になってた(笑)。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

自習のお時間

 台風で教室が休みになってしまったので、自習中。
マルトレアクセントの成功率をあげるべく、レッソー レッソー レッソー…
そればっかり何回弾いたかわからない位やってたら…飽きました…。
成功率はボーイングの調子によるのです。調子がいい時は、曲もキレイに聴こえます。
でも、常に調子よくなきゃダメなんだあ。腕かー手かー角度かー。相変わらず、試行錯誤。
副産物として、最近、弓を一旦離して置きなおすのが安定してきたので、もう休符が怖くないゾ♪
posted by フィー at 22:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

台風第22号 (マーゴン)

さきほど、教室から電話があり(って先生からなんですが)、台風がきそうなので、本日は教室をお休みにさせていただきますとの連絡が!!
ワーン今日のために昨夜トッカン練習したのに、おのれマーゴン☆
ところで今どこにいるんだろう…。↓ココだった ついに関東にも上陸なのか。

台風第22号 (マーゴン)
posted by フィー at 10:56| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

マルトレアクセント

 突然、できた…ような…。時々失敗するけど、こうすればいいんだ!っていう、なんとかいけそうな雰囲気をつかんだゾ!多分。

 その時テレビでは、1ヶ月1万円生活バトルが放送されていました。
 よいこ浜口の「獲ったどー!」と一緒に「つかんだどー!!」と心で叫ぶ。

 それが、ダウンで圧力かけた後、びんよよんよんよんよんよん〜位、弓が跳ねてたんですが、そこで「力を抜いて」って云われるので、すべての力を抜いてたんです。でも相変わらず、びよんびよんなので、そこを、むしろ腕の力を軽く乗せながら下ろす位だと、うまくいきそうです。力を抜くっていうのは手の力で、腕は全部力抜いちゃいけないんですね…。

 冬ソナにはまっている会社のHさんが、「冬のソナタ クラシックコンサート」の録画テープを貸してくれたので観ました。チェ・ジウさん超カワイイ☆でも冬ソナ名場面はいいから、バイオリンを映してー!!と思いながら(笑)。キレイな曲が多くてオケの曲になってもなかなかステキです。演奏は東京フィルと韓国のアーティスト達。指揮は、ボブ佐久間。ボブ…?
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

フィーフィー先生より

こんなお告げが…。

フィーフィーのお告げ

ボーイング…がんばろう…(笑)。
posted by フィー at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。