2004年11月29日

メンテナンス…

 昨夜、日記を書こうとしたら、メンテナンス中でした…。
今、会社から見てみたら、無事復活してました。
・・・何となく速くなってるような?

 土曜日&日曜日で、どんどんと予習しました。
シューベルトの「ぼだいじゅ」って曲があるのですが、この曲、絶対嫌がらせです☆
リズム練習が狙いだと思うんですが、あざと過ぎデス(>_<)
普通の3連のスラーと間違うように3連譜を入れてみたり・・・
付点リズムから、急に付点無しにしてみたり・・・
なんかメロディと合ってないし(字あまりの俳句みたいな感じ)。
曲として絶対ヘンだと思いま〜す。
…と、苦情を云いたくなった曲でした。口がひょっとこみたくなっちゃう…(笑)。
posted by フィー at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

バイオリンは楽しい

 定時で帰ったので、今夜もバイオリンの練習できました。1時間位。
 今日は、あんまりめざましい進歩とか発見はなかったデス。
 あ、音を出せるので、一番キレイに響くポイントで弾くように心がけて弾きました。
 コレが自分の部屋だと違いがそんなにわからないのですが、広い教室に行くと、響いてる音ってのは、全然聞こえが違うことがわかったもので…。
 あと、なんか私の弾き方、ピアノっぽいんですよネー。1音1音楽譜通り弾いてるって感じで。
 バイオリンは、もっと音と音の間がニュートラルに繋がるのがいい感じだと思うのですが、そこを生かして弾けてないので、華麗なズーズー弁が目標デス。目指せ!脱!素人サウンド(笑)

 ワタクシ、ピアノの時は、弾けるようになるまでは、かなり嫌々練習やってました。
ところがバイオリンは、今の所、弾くこと自体が楽しいです。楽しい日々です♪
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

祝日でたくさん練習

 祝日で会社お休み嬉しいな♪と言う訳で、今日は3時間位、練習しました。
 土曜日からバイオリンを持つ位置と向きを変えたので、ボウイングも左の指も、どこかズレ気味な今日この頃。
・ボウイングのチェック(相変わらず真直ぐじゃないー!)
・音階・スラー・スタッカート(スタッカート奇麗に響くように。ちょっとマシになってきたかなあ)
・マジャールの踊りの復習(ボウイングをチェックしながら。鏡を見ながら1曲弾いてた…)
・・・飽きたので、予習〜(笑)
移弦スラーだらけの曲2曲。移弦スラー、慣れれば美しくいけるカモ!(明るい兆し)
むしろ移弦しないスラーの音が切れ気味。これは何かうまくやる小技があるのでは?と睨んでマス…。
2音スラー&2音スラーに大スラーがついてる所は、1弓で半分ずつ、ふわんふわんと、2音スラーを2つ弾くそうです。スラーの複合技ですネ。
コレがまた、ふわんふわんとならずに、くっついちゃってただの4音になるか、逆に間が切れすぎてモロ2音ずつに分離しちゃったりとか、加減が難しいのでございます。

・その後、音程が気になって、音階練習
半音の指をくっつけるところを正確にするように。

そしてシナさんが「いい加減にやめて遊んでくれ〜」と苦情を言いに来たので、遊びました。充実した休日でした…(?)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

小技マスターを目指そう

 今週は、短時間ですが、ほぼ毎日練習したので、気分的に余裕を持ってお教室へ。
でも、いざ先生にみてもらうと思うと、やっぱり緊張して弓がプルプルしちゃうんですよネー。

■ポルカ/I.Berkovitch 32番
 スタッカートに苦しんでいるこの曲。練習の甲斐あって、スッと抜けるようになってきたのですが、アップとダウンでボーイングが乱れて、たまに失敗☆あと4重和音で頑張りすぎて先生ビックリ(笑)。加減がムズいです。やり直して、何とか○を貰いました。

■マジャールの踊り/ハンガリー民謡 36番
 重音の連続スタッカートに苦しんでいる曲。そこは、弓幅小さめにして、なんとかセーフで、○を貰ったのですが、速い弓のアップダウンで、やはりボーイングが乱れ気味なので、宿題として、速くしても真っ直ぐなボーイングになるように練習してきてくださいネ。でした。

□変ロ長調の練習 37〜40番
 37番は、変ロの音階練習。下りの移弦で1の指から4の指がキツい〜!キツそうにしていると、先生が「バイオリンをもうちょっと肩に乗せる感じに外向きにしてみては?」とバイオリンを持つ位置を変えてみたところ、なんとグッとやりやすくなりました!スラーもつながり、なんとか○に。でも、弓を引っ張る向きも変わっちゃってボーイングが…。
 38番は、スラーとスタッカート。もうスタッカートはカンベンして欲しい所です。何故か先生のように軽くできないデス。宿題。
 39番 分散音です。音程とるのがムズいです。薬指が弱いなあ。音を正確にとるよう宿題。
 40番 分散の音階。バリエーションも含めて練習〜。宿題。

□アレグレット/C.M.v.Weber 41番
 楽しげな曲。小指のトコ音程外れがちだけど、曲は簡単で○を貰いました。

□わかれ/ドイツ民謡 42番
 これは聴いた事のある曲です。わかれってタイトルだったのか…スキップしてるように楽しげなのに。
 4音スラーの途中に1音移弦があって戻るのが苦手で、右手を動かすのに必死。さらに左手の指も動かすと、時々混乱します☆「まず開放弦でスッと移弦ができるように練習してから、指をつけて練習するといいですよ」先生の移弦はホントに自然だなあ。
 先弓でのスタッカート2つ。この場合のスタッカートは先弓になるので、圧力かけて離すやりかたではなく、弓を動かすスピードでスタッカートに聴こえるようにするんだそうです。高速で軽くスッスッとやると、確かにスタッカートに。「バイオリンは、こんないろんな技があるから面白いんですヨ。いろんな技を使ってるのに、さも簡単そうに弾くっていうのが醍醐味」だそうデス。いろんな弾き方ができるって面白いなあ。でも、私的には簡単だけど凄く聴こえる方がラクチンなんだけどな…(笑)。
 技マスターを目指して宿題だー。

 来週はお休みなので、先もみれたらみてきて宿題たっぷりやってきてくださいネ〜。

とのこと。ぐはー。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

予習

 雨降りなので、いっぱい音出して練習しました。…が、復習の2曲に飽きてきたので(できてもいないのに…)、コッソリ予習の時間に、しちゃいました。
ふむふむ、こんなカンジで進んでいくのネ…とさらっていると、少し先の方に、移弦スラーの音符だらけの曲がありました。ちょっと弾いてみたら、笑えるほど弾けませんでした。アッハッハ(笑) 年末位に、ここまで来るとすると、イヤンな年越しになりそうですなー。休み中に練習できて丁度いっか。…荘厳なる正月早々…ひどい雑音が、ご近所に…。あ!あの、お琴の「春の海」とかバイオリンで弾けないかなー…って、私に弾けるのは「日の丸」くらいデスね…ハイ…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

指の曲がり方がヘン…?

 右手がよくなったとたん左手が気になるもので、音程が正確にできないのが気になってきました。先日、薬指と小指の指先がくっつかないーと書いてたのですが、それだけじゃありませんでした!
 改めて、自分の左手の平をネックを包む形にして、指先が弦を指すように直列に折り曲げていくと、薬指が、真っ直ぐ下に降ろせず、指先が親指を指すように横向きになってします。力を入れて縦にしようとしても全然ダメ。これじゃ指先くっつくワケない…。アタシの指、ヘンなのかしら…?

 で、薬指と小指をくっつけて弾く半音、E線で、 ソ ラ シ♭ とかが、できません。ソ シ♭ ラ なんかもっとできません。

 今やってる曲、両方出てくるのに、ううっ(;_;)小指は普通にマムシ指だし…。
コレ矯正するトレーニングとか…あったら教えてください〜。指立て伏せは、時々やってます…。私のパーツどもは、つくづくバイオリンに向いてないようでございます…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァイオリン占い

ヴァイオリン占い
をやってみました。
おお〜名器ガルネリ!と思ったのですが、奇人変人タイプってことでしょうか…動物占いでも、ペガサスでこんなカンジでしたよ…。

あなたは『ヨーゼフ・ガルネリ・デルジェス』タイプです
ヨーゼフ・ガルネリ・デルジェスってどんな楽器?
ストラディヴァリと並び称される最高の名器。自由な発想で独創的なフォームが特徴です。現存数は希少(ストラディヴァリの約1/10)で、謎多き楽器。

あなたはこんな人
あなたは束縛を嫌う自由人。誰もあなたを縛り付けることはできません。天才的な発想力を持ち、他の誰にも思いつかないアイディアを生み出すことができます。あまりに天才的な発想は凡人には理解し難いものであり、わかってもらえないこともしばしば。あなたはそんな状況を気にかけるでもなく、我が道を行くのみです。とにかく気分屋なので言動が伴わないこともしばしばですが、いざ本気になれば素晴らしい成果を出します。

posted by フィー at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

いいカンジ

 せっかく、しっくりくる持ち方ができたのに、寝て起きたら忘れたー!もしくは、気のせいだったー!…だったらどうしよう…とビクビクしながら練習しました。

 ウン…大丈夫…相変わらずいいカンジです。

 でも重音のスタッカートの連続、真ん中で弓を軽やかに弾ませる…って、んもー簡単に言ってくれちゃうわーん。ぼよんぼよんになるし、ズレズレになるし、タイヘンです。

 あと、弓を大目に使って速く動かすと、ボーイングがムチャクチャになっております。
あちこちに忙しく動いてるのが笑える位、恥ずかしいです…。

 手綱の持ち方を覚えたけど、暴れ馬制御できず…ってカンジですな…。

 最近、シリコンプレイヤーを買ったので嬉しくて首から下げていつも音楽生活デス♪
FMラジオがついてるので、NHK-FMでクラシック番組なんかも聴いてたら、NHKホールからのライブとかで、すんごいヴァイオリンの演奏が聴こえてきました。翌日は、すんごいピアノの音が聴こえてきました。どっちも「パガニーニの…」ってのがついた曲でした。
 パガニーニ…以前、食べ物のパニーニだと思っていました…ごめんなさい…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

弓、持てたよー!!

 昨日、突然、弓が逆側に反ってた!どうしよう〜なぜ突然こんな弓に〜オロオロオロ
…っていうをみました。怖かった。

 今日、あーでもないこーでもないと重音のスタッカートの練習をしてて、スタッカートするたびに弓がブレていくので、持ち方をいちいち直してやってたら、偶然すっごいしっくりくる持ち方になって、えっ!ええっ?お、おおおおおー!?
こ、これだぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 親指つっぱってない。小指軽くのっかってる。動きやすい。軽い!!!
このことだったんだ…。今までずっと持ち方間違ってたよー(笑)

バイオリン始めて5ヶ月ちょっと・・・
弓が持てるようになりましたっ!
アハ アハハ アハハハ アハハハハハハ〜
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

ホントに全然ダメだった…

 昨日「ナニこの新鮮な感覚は!」とか思ってる時点で、要は、今までの苦労して得た感覚を、忘れている事に気づいてるワケなんですが…(-_-)
 出掛ける前にも、やっつけ練習したのですが、指摘された所を注意して直して弾いてはいるものの、全体的に前回の方がうまく弾けてたような…。弓の流れがスムーズじゃないし、音程がボヤけてる感じ。…残念☆練習不足斬り!…と自分でツッコミつつ教室へ。

 今週一番ヤ〜な曲から。

■ポルカ/I.Berkovitch 32番
 スタッカートやりすぎ!だったこの曲、弦の上で弧を描くように弾き、離すときはスッと軽やかに…やっつけ修正したつもりが…弧を描きすぎて結局ジャンプに☆しまった〜と思って次は、そおっと…しすぎてグダグダに☆弓コントロールできず。
 先生も「うーん…ちょっと開放弦でやってみましょうか」と開放弦を弾いてスーッと離す練習に。
 開放弦でマシになった所で、左手をつけたら、弓を離すタイミングと、左手を押さえるタイミングがズレ☆、そこでまた力が入って、元の木阿弥に…ううっ(;_;)来週も出直して参ります。自らもう。慣れれば何とかなりそうかな…。

■きよしこの夜/F.Gruber 33番
 やっつけ強弱をつけて行きましたが、前回まあまあだった音程がアヤシくなってて、特にゆっくりロングトーンで、音外してると、心の中で「いやーっこの音失敗なのに〜〜今すぐ直したいけど、音符の途中だし〜〜っ」って叫んでて、心に余裕のないまま、とってつけたような強弱に☆曲の完成度は低かったのですが、注意点は押さえてあったせいか、オマケの○でした。美しくできるようクリスマスまで自己復習します(笑)

■メヌエット「ドン・ジョバンニ」より/W.A.Mozart 35番
 弓コントロールがヘタになってるので、この曲のポルタート奏法の所にも影響が☆
ズーズー弁にしすぎて、音がくっついちゃいました☆前は結構軽くできてたのになあ。
しかも弓がまたフラフラしてますよーと全弓ボーイングからやり直し。その後、真ん中で一旦止めてのアップダウン。速度を上げて全弓ポルタートに。先生曰く「半分づつフワンフワンと」「自然にスッスッ」「ハケで掃うような感じ」と。こうかな?こうかな?と四苦八苦しながらやってたら、力を入れなくても、かなり自然に2つの音に聴こえるようになりました。そのまま弾いて、なんとか○に。この感じを忘れないようにしなきゃ…と思いつつ…すぐ忘れそうで怖い…。

■マジャールの踊り/ハンガリー民謡 36番
 音程を注意されるかと思いつつ、それ以上にダメ部分が発覚☆
2重音の連続のスタッカート。片方しか音が出なかったので、アセって押し付けすぎて余計に音が出ない。今日は、右手が集中ダメダメですな…。で、これまた、重音の全弓ボーイングからやり直し。ちゃんと重音の出る角度をつかんでから、真ん中で、軽やかにスキップでもするように…のハズが、全然軽やかじゃない…弓が重いよ…力を抜くと跳ねるし、アップダウンの連続スタッカート中は、弓がフラッフラ。真っ直ぐするのに必死で、スキップとか、そんな楽しそうなことできません…。
先生曰く「ものすごく真剣な顔で、スキップしているような…(笑)」
「まさにそんな心境です…」というワケで、次回も宿題☆

 以上、今回は、前回の曲のおさらいで終わりました。出来からして当然ですな…。予習も全然できてなかったし☆
 
 そうそうピアノの時も思ったんだけど、出来なくてヤな曲ってのは残っちゃうんですよネ。で、気づいたら、滅入るようなヤ〜な曲ばっかが残って、練習したくない→楽しく弾ける曲に逃避→練習にならないので上手くならずヤな曲が増加→ド素人レベルから脱出できず撃沈
 うわー危ない☆デフレスパイラルー(ちがう)
 ムズくても好みの曲だとあまり練習が苦にならない方なんですが、ポルカとマジャール、あんまり好きなタイプの曲じゃないんで、もう練習してサッサと終わらせたいデス(笑)。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

れ、練習〜

 宴会は、2次会行かずに帰って、ちょっとだけ練習しました〜

 ヒサビサのバイオリン。らら〜り〜♪…ん、ん!?何、この新鮮な感覚は!
うまく弾けなくなってる…けど、感覚が鋭くなってて、新しい感動が☆
 毎日弾いてると麻痺しちゃうのかしらん…。
 強弱はミュートつけたら、わかんないにゃー。防音室があったらいいのに。
 で・・・明日のレッスン、ダメだこりゃー!(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

…ヤバイ…

 今日も超残業だった…(;_;)
 こみ入ったツリー上リストの新データと、まるでフォーマット違いの旧データリストの、微妙な間違い探しを延々視認ですぜですぜー。途中で寝そうになったり、遊びだしたり、電話取ったりしたら、どこまで追ってたのかわからなくなるのだー。まだいっぱい残っております。発狂しそうになりました☆
 明日は、それサッサと終わらせて、昇進祝いの宴会に行かねばなりません。

 ・・・今週、全然、まるで、練習してないよ・・・

 怪我してる猫は元気にしていますが、傷はなかなか治りません。物陰でコッソリごはんをあげるようにしたら、声をかけると自分からそこへ行くようになりました。賢い!
 猫がごはんを食べている間、つきあってくれてる同僚に「転職先が決まったので、12月までで退職するの」と打ち明けられ、本当は喜んであげるところだったのに、ただ「寂しいよ」としか云えなくて、雨は降ってくるし、「もし猫いじめられたら、家はマンションで飼えないけど、環境がよくて外猫が暮らしやすい所だから、このこ連れてってもいいかも」とか云うし泣けてきた。何か最近、湿っぽい日記書いてて、らしくない。

 マシュマロ入りココア入れて、こたつに入って、膝の上にシナさんがのっかって、「天然生活」っていう雑誌の素朴でちょっと手のかかったお惣菜とか小物とかお菓子とか見て、なごんでます。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

胸がつかえた日

 会社の古株の猫に、ごはんをあげてたら、突然、見ず知らずの年配の男性に
「猫にエサをあげちゃダメだぞ!な!」
と結構な剣幕で怒られました。

 もちろん、会社で猫を飼っていけないことなど承知の上だけど、無責任に増やしたりしないよう、誰かが避妊手術も受けさせたそうです。この猫は、生まれたばかりの仔猫の時からいて、いろんな人からこっそり食べ物を貰って、長期休暇も生き延びてきました。
関わった各々が大事にしてきた思い出もたくさんある猫だと思っています。
 猫が幸せそうにひなたぼっこしている姿を見て、私は、この会社には、あったかい人がいっぱいいて、この会社で働けることを、ちょっと誇りに思っていた位です。

 最近、その古株の猫が、怪我をしていて気になって毎日様子を見に行っていました。
 猫に、ご飯をあげながら、それはもちろん残飯を漁ったりしない様に、体力つけて早く怪我が治癒するように。食べ残しや散らかしなどないようキレイに片付けて、怪我がひどければ獣医さんに連れて行こうと思って。他にエサをあげてる人達に話しかけたりして、本当に気を遣って、大切に思ってきたつもりだったのですが。

 そんなどこか優しい会社だと思っていたのに、いまだに、野良猫にエサをあげる=悪いこと という思い込みだけで、他人に自分の考えを強制する単純人間がいたことがショックでした。無責任にエサだけ投げるように与えて面倒なことはしらんぷりする人間もたまにいます。
 私の気持ちや苦労を知った上での狼藉かー!!

 さんざん泣いた後で、Nさんの掲示板に行ったら楽しくて、憂鬱な気分が晴れてました(笑)。で、バイオリンも弾けないし、こんな日記書いてて自己嫌悪ですが、明日も頑張って出社します。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

視線半分

2週間ぶりの教室で、先生こんにちはー♪

■アンダンテ/J.Haydn 22番
この曲、確か"驚愕"って云うんですよ〜小さい音で始まって、突然大きい音で驚かせるから…エー、漢字書けないので覚えてってくださいネ(笑) …覚えてた〜!
4重和音がキマらなかったけど、オマケ○でした。

■A線上の変ロ音の練習 26番
人差し指をスライドさせる半音の練習。練習通りで○に。

■E線、G線上の変ロ音の練習 29〜30番
E線は、小指を意識してくっつけて、何とか○。
G線は、薬指を伸ばして、何とか○。

□ヘ長調の音階練習(2オクターブ)31番
特に問題はなかった模様で○に。

□ポルカ/I.Berkovitch 32番
コレが今週1番いっぱい練習した…というか弾けてない曲でした。
2音スラーで後の音がスタッカートの連続が終わったと思ったら、4重和音の3連発。その3発目だけ違う和音で2弦同時押し。それが終わったと思ったら、早い全弓アップ☆
4の指でテヌート…とか、これでもかーこれでもかーと、弱点の波状攻撃な曲。
これは試練なのか、嫌がらせなのか〜と、ちょっと恨みが混入したせいか、スタッカートの部分を、ラ〜ドッッ シ〜レッッ と、"ッ"が2つ付く位、勢い良く弓を進行方向に引っ張っては上げ〜で、弾いてました。自分では、そういう曲だと思って特にギモンも感じず一生懸命頑張って弾いてたんですが(笑)、弾くなり先生が「アラ〜もっと軽やかにやってみてください。こんな感じで…」と、弾いてみてくれたその曲は、私のとは、全っ然、違う曲でしたー!(笑)エー!?あんまり切れてなくていいのネ☆アンダンテの弾むようなスタッカートとも全然違うー!ってコレはスラー付だった…。
「弦の上で小さく弧を描くように弓を動かします。弓の毛で撫でるように」
なるほどラクチンだあ。力任せのやつあたり弾きだったのが、サラッと軽いメロディに変身☆
4重和音、うりゃっうりゃっ…う…うりゃぁぁっ(2弦同時押しの指変えでモタっている)。
早くやんなきゃと焦って弓を弾き降ろすので音がバラバラに。ちゃんと弓を弦の上にピタと置いてから、自分が思っているよりもっと角度をつけて急降下っ。ううっ弓を置いている時間がない〜。間に合わず。次回宿題。もういやだ☆

□きよしこの夜/F.Gruber 33番
超有名な♪き〜よしー こ〜のよる〜♪ヘ長調で♪ど〜れど らー♪です。
先生「わークリスマス前にコレ終わっちゃいますネ〜」…ハイさすがに2ヶ月もコレはキツイので、前に終わりたいです…。
知っている曲なので適当に弾けて、ンーこんなもんかなーそんなムズくはないなーと手抜き練習だったのですが、そんな曲のせいか、先生の求めるクオリティは高めだった☆
全弓でアップ早戻りは、音量が揃うよう指版寄りで。メリハリつけた大げさな気味な強弱、G弦では弓のスピードを遅くして音量コントロール。と今までより細かい表現方法を用いて美しくとのこと。最後のラとファの重音は1と2の指をくっつけると簡単ですよで、次回の宿題☆
この曲を弾いた時、自分の狭い部屋で弾く音と、教室で弾く音の差がハッキリ解りました。広い教室の方が、音が広がって響いていい音がしてました〜。

□トルコ行進曲/L.v.Beethoven 34番
ノロい方のトルコ行進曲です…って、そんな区別w
速い方のトルコ行進曲は、ピアノの時、高速で弾いて成功すると嬉しかった気が…。
で、コレ1回弾いてあっけなく○。ウン…私の弾き方、なんだかカクカクで、意識せずとも行進ってカンジだよう…。

□メヌエット「ドン・ジョバンニ」より/W.A.Mozart 35番
変則リズムと重音メロディがポイントかと思われる明るい多少勇ましい曲。
音符通りにギコギコ元気に弾いてたら、先生が
「こんな風に〜(スム〜ズ繋がり〜)弓をもっと使って、ズーズー弁でお願いします(笑)」
ああ!確かにアナウンサーのようなハキハキでなく、ズーズー弁のような感じですよ☆
先生の表現は、相変わらず奇想天外なのだった…(笑)。
で、東北弾きをマスターするまで、次回も宿題☆

□マジャールの踊り/ハンガリー民謡 36番
民族系な曲。16分4連音符のメロをひたすらキコキコキコキコ…う、一個だけスラー…失敗☆
16分4連音符でも、もっと弓を使って弦にフィットさせて弾くように。あと、フラットとナチュラル等の正確な音程が必要デス。先生が一緒に弾いてくれると、自分の音がいかに外れてるか浮き彫りです…。やっぱり悩みの、薬指と小指の指先がくっつかない所は、あきらかに音が外れます。先生に、どうしてもくっつかないと言うと、手のひらに力が入って締めて固くなってるせい、あと苦手なところは、1小節ずつ取り出し練習するようにとのこと。

「今日はこのへんまで、で、先もみれたら、みてきてくださいネー」と云いつつ、先生はまた教本をパラパラ見て
「今日もどんどん行っちゃいましたねー(笑)質問とかありますか?」
「いえ、だんだん難しくなってきてタイヘンですよー。先をチラッとみてみたら、この曲!(移弦スラーてんこ盛り)コレ見たときは、クラッときました…」
「移弦がたくさんですからねえ…こうですねー」とスラスラ事も無げに弾く先生。
「うひゃー眩暈がしてきましたー」
「大丈夫ですよー練習だと思わずに、こういう曲だと思って楽しく弾きましょう☆」
…楽しくない…間違いない…イヤな予感を残しつつ、帰宅しました。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

アセって練習中

 明日は2週間ぶりの教室だというのに、昨日も会社から帰ったら、もう夜中で練習できなかった…。珍しく時間を忘れるほど仕事に熱中してたのは風邪が治ったせいかも。

 さすがに今日はアセっておさらい開始。なんか今回、手の形にこだわってしまったせいか、出来にムラがありまくり。あと、指の強化運動サボってましたー!こ、これは、今からアセってやってもムリだろうなー…(笑)。

 そろそろバイオリン暦5ヶ月ですが、相変わらずバイオリン弾くの楽しいデス♪
毎回、何かしら新鮮でワクワクしますヨ♪いや〜飽きなくてホントよかった…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

風邪変幻

 扁桃腺が腫れてノドが痛い風邪が治ったと思ってたら、あったかいのに、やたらと、くしゃみが出て、次の日には、スゴイ鼻水風邪になりました。1日でティッシュ1箱は使ったのではないでしょうか。鼻かんでばかりで、仕事になりませんがな〜(*T^T)ズルズル
というわけで、文化の日の祝日も、鼻をかみつつ練習していました。

○指を見ながら弾いてみた
 手の形がうまくできてるか確認の為、左手の指の動きを見ながら弾いてみました。
最初の頃ちょっと見た以来、音で確認して押さえていたので、最近ほとんど見ていなかったのですが…ガ━(゚Д゚;)━ ン !! 基本の形を崩して、結構あちこち動かしちゃってました…。薬指だけ横にしてみたりとか、A線だけ形違うとか。よくこんなんで位置を覚えてたな…我ながらなんと器用な事を…。とか云ってる場合でなく、一生懸命直してました…。やっぱり定期的に色々チェックした方がよさそうです…。

○予習
 復習に飽きたので、予習にいってみました。分散和音がとても苦手であります!
特に、指を残している場合が苦手です。"この指で押せばこの音が出る"というのは覚え易いのですが、"この指を離すとこの音が出る"というのが全く覚えられないのです。ピアノは指を離して音を出すなんてなかったからなあ〜。しつこくやってたら手が形を覚えてできてきたんですが、油断するとまだ間違ってしまいます。こういうの出てきたら、初見ぶっつけなんて、絶対できないゾ…。


 弓の毛、1本、たるんでるヤツがいます。張るとそんなに解らないんですが、緩めるとあきらかに1本だけ緩んでます。まるでワタシのようですな┐(´ー`)┌
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。