2006年02月02日

5−1

今日は1時間練習できたー♪
でも、うまくいかないよう〜。
一番最初の、

レー ラー ファ#〜ミ レッラー

の、ファ# のアクセントが、何回やってもうまくできないおう〜☆

アクセントつけようと思うと、力入れ過ぎて、ギッてなるし、
ちょっと押して、すぐ抜くっ ってやっても、ヘロ〜ってなって、
全然ちょうどよくできないぃぃぃぃ☆

アクセントなしだと、まったりいくんだけどなー。

※思い出したので追加

あと、コレも全然うまくいかない…。

1ページ目の最後の、

ミ  高いミ  ミ

の、高いミがー!!…て、E線の開放弦弾くだけなんですが…。
キーン ってなる 70%
ギッ てなる 20%
音がショボイ 10%

で、全然、ちょうどいい音にならないのうおうおうおう☆

…あれ?もしかしてE線がダメなの…かな?(゚▽゚*)

ところで、相変わらず弓の持ち方を試行錯誤しているんですが
(まだやってたのか)親指の爪の右上にあててたんだけど、指先が薄っぺらくて、そのあたりに身がないのが原因か、どーにも弓が安定しないんデス。
で、親指を弓の下につっこんで、かなり下から親指の腹で支えるようにして持って弾いたら、あんまりフラフラしないことに気がついたんですが、それだと親指があんまり曲がってないので弾力性がないか…☆この方が弾きやすいですが邪道ですかネー☆
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親指・・・
弓の持ち方がしっかり持ててない時は、いつも人差し指を注意されます〜そういえば。
人差し指をしっかりひっかけて。って。親指は気持ち浅目かも・・・です。(私の持ち方の場合)
弓の持ち方もいろいろだから、微妙な悩みも色々なんでしょうね〜。
でも、今弓ではまってるのは、実は親指なんです〜(^ー^)☆
今日の働きはグーでした!とか一人悦に入ってますよー。
Posted by のりのり at 2006年02月03日 21:07
のりのりさん、ありがとー♪
のりのりさんの親指はグッジョブですか!
イイ親指でいいですなぁ。
ワタシの親指は、移弦の際に弦の当たる角度を調整する時位しか、意識ないですよう☆
私の持ち方ですが、あれから、篠原さんの赤本1巻を見たら、思いっきり
「悪い例」
に載ってましたw 篠原先生ごめんなさい…。
今のところ、よい例と悪い例の中間位の持ち方してます☆
人差指は、抱き枕に抱く付く勢いで、弓に絡めてしまうので、いつも先生に、軽く持ってと云われるんですが、軽く持つとフラフラしマス…。
持ち方、ホント微妙に色々なんですねー☆
Posted by フィー at 2006年02月05日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12689553

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。