2006年02月09日

違いのわかる

ネスカフェゴールドブレンド。インスタントの中では一番好きデス…あ香味焙煎のがいかも。

早めに帰れたので、1時間練習♪

ケースを開け、調弦しようとしたら、ぼよ〜ん♪ 弦、めちゃめちゃ音狂ってたーw
ワタシのバイオリンのペグは、なかなかに硬いので、あまり巻き緩んだりしなかったのですが、張替えの時にしっかり押し込まなかったのかしらん?と思って、調弦するも、G線が全然合わない〜☆
そういえば、このG線とD線、触った感じが前の弦より柔らかかったんデス。
伸びるから合いにくいのかしら〜と思いながら、なんとか合わせましたが結構時間かかったス。

音程がヘボヘボなので、ゆーーーっくり音階と曲の練習。
ズレズレ音程の原因のひとつに、弾いたら指をすぐに折りたたんでしまうってのがあるのデス。
「そこはしばらく押さえとけるから、押さえとくのじゃ。
1回あってる音を押さえとけば、そうはズレないから押さえとくのじゃー!」
…と思っていても、ボーとしてると、すぐ忘れて離してしまうのデス。
楽譜にマーク書いても、ほとんど楽譜を見てないのでつい忘れてしまい、その部分を過ぎた頃に、どこだっけか…あ、過ぎてる…またも手遅れじゃった…というくり返し。
こんなワタシが覚えるのには、音と手が無意識でも連動してそうなるように、しつこくしつこくしつこくしつこく刷り込むしかないのデス。

弾いてるうち、思い出しました。
そういえばビジョンの時は、エコーがかかったようなゴージャスな音がしていたので、いっぱいがんがん弾くと、うるさいなー☆と思っていましたが、このインフェルド青は、残響音はそれほどでもなく、シンプルで軽いような音がする…気がする…軽い明るいそんなカンジが…。

右ヒジの位置に気をつけてると、ギッてならないのに気づいた。
でもヒジを気にしてると一瞬止まるw これも刷り込みしないとダメらしいw

そんな練習をして、あっという間の1時間終了でしたー。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 自宅レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もペグが硬かったのですが、
最初はそういうものなのかと思っていました。
下手だから、合わせづらいのかと。
でも、習い始めて半年以上経ってから先生に硬くて合わせるのが大変だと言ったら、
チョークを塗ってくれました。
そういたら随分楽になりました。
しかし、毛替えと一緒に弦を替えて、
専門の人に合わせてもらったら、
硬くて合わせづらくないですかって言われました。
他の人のバヨのペグはもっと合わせ易いのでしょうか?
Posted by ちと at 2006年02月13日 07:46
フィーフィーはフィーのゴールドとか連動ー!
でもネスに位置すればよかった?
でもきょう、ネスでヒジも位置したいです。
でもフィーとネスであっという間位置するはずだったの。
でもフィーと弦へ練習しなかった。
Posted by BlogPetのフィーフィー at 2006年02月13日 11:05
ちとさんのペグも固めでしたか。
ワタシのも最初、両手で持って、フンッ!!って回さないと動かないくらい固かったんデス。
あまりに固いんでクレヨンみたいのを塗ったら、なんとか片手てグイッと回せる位になったという、ちとさんと同じような状況かもですネ。
合わせづらいですが、狂いにくかったデスw
湿気とか季節にもよるみたいですが☆
他の人のは、もっと簡単に、くるくる回ってるような気がするんですが、あんまり簡単に回っても緩んできそうな気もするし☆どうなのかしらん。
Posted by フィー at 2006年02月14日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。