2004年09月22日

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ

 500円CDコーナーから発掘しました(そんなのばっかだな)。無伴奏ってホントにバイオリンの音だけなんですね!シンプルでキレ〜〜♪なんか美術館で絵を観て、ラウンジで、お紅茶しちゃうイメージ(貧困だなー)。
こういうのもたまにはいいな♪

J.S.バッハ / アルチュール・グリュミオー(Violin)

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番ロ短調BWV1002
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番ホ短調BWV1006

Recording:1961 産まれる前だ…。
posted by フィー at 06:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。