2005年08月27日

狭くなりました

体験レッスンの時から、何部屋かある中の一番広いお部屋でレッスンだったのですが、今週、行ってみた所、手前の狭いお部屋で先生がチョイチョイと手招きをしているではありませんか(笑)
なんでも、他のグループレッスンのクラスが増設されたとかで、今週から我々は、狭いお部屋に移動になったそうデス。
今までのささやかなセレブ感(?)よ、さようなら…(笑)

先生・ワタシ・アップライトピアノ・等身大鏡で窮屈なお部屋にて。
「じゃあ今日は1楽章のここからどうぞ」
うお!?3楽章しか練習してないぜぃ☆どうしよう(笑)
そして…相変わらず進歩しておらず…右手の練習をして終わりました…。
「力を動かす方向は、弓の方向へ」
とか、根本的にあたりまえのことが出来ておらず注意を受けております(笑)

先生は、ワタシのあまりの飽きっぷりに困り果てたのか、
「3巻も並行してやっていきましょうか。指の練習ですが…」
ワーイ♪もうザイツ以外だったら、何でもいいのでやりたいのデス。
G線で、ソラソラソラソラ…。
アレ!?1を押さえると、親指に力が入って動いちゃう!?
前、こんな練習した時は、力入らないように練習して出来てたんだけど☆
いつの間にか、ネック握って弾くようになってたのかなーガーン…。
またキソに戻ったよう☆

キソキソキソキソキソキソ… by桜木花道

そんなフィーにとってザイツは楽しかった…に、なるのを期待してキソ練(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

デススパイラル中〜(笑)

レッスン日記書くの忘れてた…(笑)

現在、

飽きる→練習しない→上達しない→同じ曲→飽きる

の、デススパイラルの渦中でございマス(笑)

ザイツ1・2楽章は、まあよくなった(ってことに、してしまった)ので、3楽章を主にみてもらいました。
アレ、最初のスタッカートって、弦から弓を上げていいんですか☆
なるだけ飛ばないように、そーっとやってました…(笑)
弓の緩急、すっかり忘れてました…スラーの音符も、全部力いっぱい弾こうとしてました。
これは我ながら、すごい棒弾きです…(笑)。

先生も、ム?このヒトそろそろ飽きてやる気なくなってきたな…。
…と感づいてきたかどうか、
「あと2〜3週で仕上げて、次の3巻に入ろうと思いますが…」
と、珍しく先の話をするではありませんか!(笑)
あと2〜3週で仕上がらなくても、もうカンベンして欲しいワタシですが…。
「ははは…先生、この曲もう飽きてきました…」
とぶっちゃけると、先生は3巻をめくりながら
「…んー、でも3巻、すぐにまた、ザイツですよ…(笑)」
「うわホントだ…(-_-;)しかもパワーアップしてるよ…」
と云うと、先生は、ヤバイ!なんとかして、このザイツやる気のないヒトのモチベーションをあげなければ!…と思ったかどうか、
「この辺まで来ると、こんな面白いスタッカートやカワイイ曲も出てきますよ〜♪」
と、中盤〜後半位にのってる曲をサラッと何曲か弾いてくれたので、
「ワ〜♪スゴいですぅぅ♪」と、ちょっとやる気になって喜んでると、
「でもその前のポジション移動がね…タイヘンなんですよ…ここだけでも…半年以上かかりますかねえ…」

先生っ!!もしかしてワタシを上げたり下げたりして愉しんでますねっ!?

…そんなレッスンでした…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

み、右手だめだめ

今日から夏休み〜♪
前日の金曜日、悪あがきでしつこく残業した後、翌日から夏休みってことで、浮かれて会社の歌唱好きメンバーとカラオケに行って夜中まで熱唱してしまいました…飯島真理を…。
今週もほとんど練習してなかったので、ヤバイ〜朝起きたら練習しよう…と思いつつ寝て、起きたら昼でしたー!!w
v(T▽T)

で、レッスンは、相変わらずザイツ…っていうより、主に右手でした。
右手首は、ちょっとよくなってきた…らしい☆
けど腕の角度と手の形がダメらしい( ̄■ ̄;)!?
ニャンコの手みたく思ってたのを、もっとぺったんこに持たなければならないようなのデス。
(↑あくまでワタシ感覚でスイマセン…)
ムム〜持てない〜…またも弓が持てませ〜んヽ(・_・)ノ になっておりマス☆
最近「持とうとするからダメなのか…ひょっとして持たなくてもいいのかも…!!」
とかなんかワケのわからないソリューションが生まれてきましたよw
左手は、相変わらず、先に押さえておくのができずにパタパタしてるのを注意☆

で、鏡を見ながら研究してます。でも鏡を見ながら弾くと弾けませんwこのジレンマをどうすればwww
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

右手首

汗ダラダラで、レッスンに行きました。
ちょっと弾いたら、右の手首が使えてないですネーと、ずっと手首を動かす練習でした。
うーん…いろいろ…それはもう…手取り手取りやってもらったにもかかわらず、
ぜんっぜん、できませ〜ん ┐(´∇`)┌ どうするよコレw
時々できているらしくて「そう今のように!」と云われるんですが、本人がどんなになってるか解ってないので再現出来るワケがありませ〜ん ヽ(´ー`)ノ

そして…ザイツ、もう飽きました。
またコレか…と思うと、やる気なくなります…。

海に行きたいなー(マジ逃避行) もうすぐ夏休み♪挫折するぜぃw
きゃっほうっv(*^ー゚)/~~
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

ザイツは続くよ(笑)

今週は3時間位練習しました☆
重音あとの、ドリブルでキコキコキコキコやる所、何かのはずみでコツのようなものを掴んだようで楽に弾けるようになってきたカモ…。
「理屈もやり方も言葉はわかったんだけど、ソレが実行できないんだよう〜☆」て、悩んでるのが、適当に弾いてるうちに、ん!?今のは!?って突然できたりするから不思議デス…。
きっと身体で覚えるタイプなんだな…。
先生からも、ここ、よくなってきましたネー!ってことでホッと一息デス。
そして次の2楽章へ。さあ演歌の世界ですよ〜!!
…も、盛り上がらない…淡々と弾いて「寂しいデス」と云われるワタシなのだった…(笑)

レッスン後、中学のときの同窓会へ行きました。
メールで色々話していたW君、会ってみたら、私の思ってた人と違う人だった!!
別のW君と間違ってた!マジごめん!いや〜ビックリした…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ドリブル中(笑)

今週も練習時間チョビでした…。
バイオリン弾かずに、弓だけ持って振り回してました(笑)
相変わらず持ち方がヘンなのか、時々小指はズリッておっこちちゃうし、親指は固まってるし、弓が跳ねたりフラフラしたり落っことしそうになったりで、安定してないのであります。
どうも人一倍、指がひ弱なようで…。鍛えてました☆
でも最初の頃より、たくましくなりましたよ〜…右手の2本の指だけで、弓が持てるようになったなんて!初めの頃なんて片手で持ったら、うわちゃあって落としそうになってましたもん(笑)

んで今週も、1楽章の後半部分です。
和音弾いた後のキコキコキコキコって脱力しながら弾く部分が、そこだけ取り出して練習した時は出来るんですが、和音のジャーンから繋げていくと、なぜか切り替えられなくて力が抜けず早く弾けませんの(T_T)

あと、また手首とかの脱力練習でドリブルパントマイムやってました。今ならバスケができそうな気がしてきたよ〜(笑)

弾けてないんですが、ずっとこの曲ばかりなので、そろそろ飽きてきました。
日曜日は今迄やった曲のダメだった部分を思い出しながら、違う曲を練習しちゃってましたとさ☆(ついに逃避行動)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

小分け中☆

今週は多忙だった…。金曜までで20分しか練習してなかった…。
土曜日はレッスン前に1時間だけ。こんなんで上手くなるわきゃない☆
でも重音の電ノコ音は減ってきたのでヨシとするか…自分的に(笑)

先生も、ワタシのあまりのカメの歩みな進捗具合に、ちょっと課題が多すぎたかなーと思ったかどうか、今週は、1楽章の後半と2楽章に絞って見てもらうことに。

1楽章の後半は、弓の動きが忙しいので、ドッと疲れます。
重音で、右手親指をやわらかく、バウンド キャッチ。バウンド キャッチ。
そのあと、肘先だけを脱力しながら速く動かす…キコキコキコキコ…。
終わったら速攻で元寄りに戻し、弦に置いてから弾く。
速く戻して。弦に置いてから弾く。ジャーン♪

…って!アハハハハ〜!!……できませんよ…そんなこと……。
「うつべし!うつべし!うつべしっ!」明日のジョー気分で修行するべし…。

先生が弓を3本持っていたので、ワーいっぱいありますねーって云ったら、弾いてみてもいいですよーと試奏させてくれました。
アルシェの結構いい弓−ワタシの弓より太くて若干重いのですが、毛がピーンと張ってあるので弾きやすかった。でも本体の違いは、よくわからず…。
カーボン弓−ちょっとだけ重いカンジで、持った時安定するような気が…しただけで、実は違いが、よくわからず…。
高価だったけど今ひとつという先生の弓−太めで重めなのは解ったのですが、弾いた音の違いは、よくわからず。

結論:どの弓もよくわからず…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

今日もNo.2の1〜3

…でした。先週よりは、ちょとマシになってきたかな…って程度の出来ですが、よくぞここまで☆って云うほど、指摘事項、満載に。
もう消化しきれません☆
コレはアレですよ…進研ゼミで、期限に追われて、とりあえず回答出したら、赤ペン先生からのアドバイスで真っ赤になって返ってきた〜(>_<)
そんな状態ですな…☆
ノリノリで弾きたいんだけど、まだまだ音を鳴らすので精一杯なのだった☆
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

1から3まで…

今週もまた…レッスン行く前に2時間弾いただけ…。
1楽章が何とか最後まで続くようになったので、2楽章も弾いてみました。
時間がないのでサラッと…。2楽章は、弾くだけなら簡単なので最後まで弾けました。
続いて3楽章も弾いてみました。コレは以前から遊び弾きしてたので何とか最後まで弾けました。
…やっぱ1楽章が1番ダメです…戻って練習だー☆

そしてレッスンへ。先生は寝不足でした。
1楽章を弾くと、次も弾いてみました?と云うので、ハ、ハイと2楽章も弾きました。
すると、次も弾いてみました?と云うので、タタタイヘンな出来ですが…と3楽章も弾きました。
そして、例のごとく歌ってみたり、揺れてみたり、脱力してみたり、色々やりました。
そして、ピアノと弾いてみましょう〜と、1〜3を全部通して、ピアノ伴奏付きで弾きました。
…ああもう自分の演奏がひどすぎるので、耳が逃避して先生のピアノを聴いてました…。
1楽章と2楽章の間奏のピアノが盛り上がるので「おおっカッコイイですね!」とか云ってたら、2楽章どこで入るのか、わかんなくなってました…(>_<)

いや、もう、要修行ってカンジです。何もかも。来週は早く帰って練習できるといいなあ☆
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

タンタンタン タカタカタン と歌ってた

さてさて今週から、コンチェルトNo.2 の1曲だけになりました。
今週こそ、とりあえず音符通りに、第一楽章の最後まで弾けるようにして行くゾー!と思ってたのに、結局、練習3時間位しかできなかった…(;_;)
一応、第一楽章の最後まで弾いてみてはいるんですが、いたるところで弾けてないまま☆
いつもは弾けてないながらも、途中で何度も止まるような事はない位には、さらっていくんですが、今週は、和音の前で「ええーと…この指がこうなって…ジャンッ」とかで、もうブツ切りデス…。
行っていきなり「先生〜ここまでやってみたんですが、それはもうタイヘンな出来でございマス〜」と申告してから、聴いて貰いました(笑)。
全然ダメー☆な演奏でしたが、弾けない部分を弾きやすくする方法を色々教えてもらいました。
頭だけアクセントつける感じで とか カーブを描く感じで とか 最初に大きくあとは脱力で とか。
3連符とその後が、例によって慌て過ぎなので、「歌ってみてクダサイ」と、
「タンタンタン タカタカタン(ブレス)タンタンタン タカタカタン(ブレス)タンタンタン タカタカタン(ブレス)」
今週もまた…歌ってました…。歌ったように弾くとよいですよーということなんですが、ワタクシ…歌が…下手ックソなんですうぅぅ(>_<) バイオリンより歌の方がヒドいかもっおうおう(T_T)
脳内では美しく歌っていますから、もう歌わせるのはカンベンしてくださいー!!
…そう心で泣きながら、歌っていたワタシなのだった…。

ポイントつかんで家で練習してみたら、かなり弾き易くなり、ついに最後まで止まらずに行ける様になってちょっと嬉しい♪
いや相変わらずヒドい出来ですケド…ようやく一区切りってことで。後は細かい所を地道に直してゆかねば☆
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

レーレッレと歌ってた

昨夜、練習してなくて全然進んでないのは先生に申告済みですが、最後のあがきで、レッスン前にいつもの突貫練習。
まず、ガボットのスタッカートをキレイに…ムム!前よりダメになってる…。
思いっきりやりすぎて弓が弦から跳ねたり、逆に止めすぎてスタッカートになってなかったり…ホント、力加減がムズいです…(;_;)
キレイに落ち着かないので、最初のとこばっかり延々練習してました…飽きました…。
コンチェルトの続きの部分を弾いてみました…。
重音のスラーのとこ、元弓って書いてあるんですが、エ?元弓で弾くんですか?
…ギュギャギャ、ギュギャギャ… ウワー!電ノコのような音が発生しましたよ(笑)
…心臓に悪いので、もうやめておこう…。そして教室に行きました。

すると、いきなりお知らせが。来月から、お月謝が1000円値上がりだそうですー!!(>_<)
今迄は導入編だったそうで☆まあ、いつも先生は延長レッスンしてくれているので、ソレぐらいの元は取っちゃってますが…そうですか…(笑)

ガボットは、やっぱりスタッカートが切れてない、美しくない。で、色々部分練習に。
解ってはいるんですが、できないんだなあ…弓コントロール、未だに不能です…。
部分的に気をつけて弾く時は何とかOKな出来なんですが、1曲通すと、とたんにその部分が忘れ去られて、ああっしまった☆な状態でした。
しかし、この曲も1ヶ月半位やってて、先生も飽きてきたのか(笑)、ついに、もう今週で終わりにしましょう〜!でした。「一応終わりますが、まだまだスタッカートの種類を勉強してくださいネ」ということで、ヨイコな私は今後も弾くことを心に誓いました(笑)。

次のコンチェルトNo.2は、相変わらずの所までデス。と弾きだし…
♪ソー レーッレシー レ ソ シ レーレッレ…
「ハイ☆ストップー!この、レーレッレのところ、歌ってみてください。」
「レーレッレ?」「ううん、レーレッレ ですヨ」「レーレッレ」「いえいえ、レーレッレ」
うにゃーっ!?違いがわかりません!!(笑)「このレとこのレは、ですネ…」と解説してもらい、その後、先生と一緒に延々、
「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」
「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」「レーレッレ」
と、歌ってました…。最後には、何となく解った様な気がしましたが、実はよく解っていません…ごめんなさい…どうしよう…。
まあ、他のところも色々そんな具合で、とても次に進むよな状態でなく、セーフでした(笑)
ピアノ併せも、今週は16分音符のところに合わせて、慎重に、ゆ〜〜っくり開始。
ああ、なんか、カデンツァのとこって弾くの恥ずかしいデス…シャイなもんですから(ハァ?)ああ、なんか、その後のシーシーシーシーのシーシーは1つ減らしたい気分デス…。
ああ、なんか、和音のウチの1つは、弓の上下を逆に弾いていました…。
ああ、ゆっくり弾いても、相変わらずダメでした…。

そして、どしゃぶりの雨の中、帰宅しました☆もう梅雨かな?乾燥剤入れなきゃ〜!
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

今週もガボット&コンチェルトNo.2(笑)

結局、コンチェルトの方は、何とか曲として繋がるのが、見開き2ページまで☆
とても次のページになど、行けるような出来ではありませんでした。
そっちの弾けない所をムキになってやってたので、ガボットの方の練習がおろそかに…。
どっちの曲も完成度は低いまま、教室へ行きました。

ガボットは、最初に弓がフラフラしちゃったので、一生懸命軌道修正しようとしてました☆
そんなことで精一杯だと、やっぱり、いい音が出てません。
・最初の音は止めずに響かせるようにしながら、次のスタッカート2つの音の処理も。
・短く軽いスタッカート とテヌートのついた長いスタッカートの弾き方。
その他色々、相変わらず細かくご指導いただいておりマス☆
右手も相変わらず使えておりません☆次回も頑張りましょう☆

コンチェルトNo.2、「今週はこのあたりまでデス…」と言うと、先生は「じゃあ、この辺りまで試しにピアノとあわせてみましょうか」と、いきなり伴奏付きです。
ピアノのゴージャスなイントロから始まります…おおー!なんだかアルプスって感じデス。←?
…ここでワタシが、この最初の音をミスったらドリフだな…と緊張しつつ、やけに勢いよくバイオリン入ります!何とか大幅に外さずに済みましたー。
そのまま順調に。そしてカデンツァ。めちゃめちゃ速弾きデス(笑)。この時点で、自らのあまりのムチャ弾きに笑いがこみ上げて来ました。
その後の、シーシーシーシーシ〜ラソ〜 のシーを何個弾いたか忘れました…適当な所で次へ。
そこで、ようやく気づきました。…ヤバイ!このままの速さで行くと、16分音符のとこが弾けないではないか☆と思っても、後の祭り。
いつもは止める先生も、面白いからこのまま行ってみるかと思ったかどうか、そのままのテンポで進んでゆくではありませんか(笑)。
そして16分音符の部分、イヤッホーウ♪めっちゃめちゃデス(笑)おお神よ!なんとヒドイ演奏なのでしょう!
その暴走スピードのまま、4重和音入り和音軍団に突入!!さらに勢いがついて大暴走。
ピアノを弾いてる先生も「すごい(笑)」と大ウケです(笑)
で、ゆったりメロディーになって、ようやく落ち着き、ここまでの所で終了…。

いや〜何かもう…ネ…先生の笑いがとれて、よかったっ!!うんっ! ←何かを見失ってる

こんな演奏の音をupしたら、かなりの失笑が取れそうだと思ったのですが、聴いてしまった人がこの曲を聴くたびに思い出して笑うようになってしまったら申し訳ないので、さすがに、やめておきマス…(笑)

で、後で教えてもらった、上げ弓で弾く4重和音の弾き方デス。
スローモ−ションで解説。
まずG線とD線を一緒に弾き、次にE線とA線を一緒に、しゃくりあげるように弾きます。
2つに分解して弾くと、結構、簡単に、4つ音が鳴る様になりました♪


で、その後、まんが喫茶に向かい、キャプテン翼 ワールドユース編を読破して参りました。
小次郎が母の入院費の為に、契約金目当てで入ろうとしたクラブが、レッズ!!ってとこで、おおーっレッズに小次郎が!!と一瞬燃えましたよ。結局、入らなかったんですけどネ☆
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

ガボットは2ヶ月らしい…

今日も、朝から練習…練習したけど、やっぱまだまだ右手がダメだぞう〜☆
そんな1週間や2週間で、そうそう簡単に身につくようなもんじゃないんですヨ←ついに開き直り☆

というワケで開き直って堂々たるヘタレコンチェルトを演奏…。
まだまだ改善の余地アリアリでしたが、先生は「コレずいぶんよくなりましたよ。ウンいいですネ」と今回終了となりました。そろそろ飽きてきたのでよかったデス…(笑)

で、次のバッハのガボットは…。ページ半分位弾いただけで、コレまた山のように指摘が…(笑)
弓をちゃんと持てていないひ弱なワタシは、スタッカートとかピタっと止めるのが超苦手なんデス…。
ダラダラと次の音につながっていってしまうので、1音1音位置に置いてから弾くように。
あと、右手動いてない…ハイ…そうなんデス…。でも、最近2ミリ位は動いてると思うんだけどなー気のせいか…(笑)

先生いわく、「この曲で、右手のいろんな弓使いができるように、しっかりやりましょう。2ヶ月位」とのコト。ウワーン(;_;)2ヶ月っていうと7月中旬まで同じこの曲〜(;_;)
実はこのバッハのガボット、何故だかピアノの練習曲を彷彿とさせられて、あんまり好きじゃないんデス☆
かといってコッソリ次の曲をやろうにも、次は2巻最後のザイツのコンツェルト。
その前のがダメなのに、いきなりこんなひと際、音符がちっちゃくなってるやつが弾けるワケないではないか☆なんだこりゃ!!(笑)

てなワケで、逃げ道もなくイヤンな2ヶ月のはじまりとなったのであります…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

よく見たら、コン「チ」ェルトだった…。

今頃(現在5/16)レッスン日記更新中…。
連休中、在宅時は1日3時間くらい弾いたりしましたが、留守にしてた間は弾けなかったので、長いお休みだったわりには練習量は今ひとつデシタ。
それでも、いつもの2倍は練習できたのですが、右手相変わらず全然ダメでーす。
気が付くと、先弓でも元弓でも、同じように手の形が固まっててロボなのかワタシは(笑)。
そんなロボなまま、お教室へ。

今日も相変わらずコンチェルト(…よくみたらタイトル、コンチェルトと書いてあったの…)です。
そしてやっぱり相変わらず、ボウイングのダメ出しだらけで終了しましたー!!ギャフーン(笑)

…あ、次のバッハのガボットも、一応1回聴いてもらいました。左手はいいとして、こっちも右手が大問題デス。再びギャフーン☆

もう根本的に「要」出直し…そんなレッスンでした…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

コンツェルト…っていうより右手…

今週は、時間があったので、多めに練習して行きました。
コンツェルトは、まあまあできてきた(と思っていた)ので、後半は、次のガボットをさらう練習をしていました。でも、最後の方で、弾けない部分が…そのまま…。

そして教室へ。いつものようにコンツェルトを弾きだしたのですが、何だか調子が悪くて、いい音が出ず焦ります。
どうも、弾いてる間に、またも、弓を駒側に倒して弾くクセになってたようです…。
先々週から云われ続けている右手が全然動かない件もあって、またまたボーイング練習にリバースしました☆
ボーイングといっても、以前とはちょいと高度な、右手首とか指を柔らかく使いながらのボーイングです…。
ああ…弓の端から端までを引っ張って使い切ればいいだけの時代は終わったんですネ…(T_T)
先生は「このように〜このように〜」とお手本を見せてくれるのですが、ワタシの右手はテコでも動かないつもりらしいデスヨ…。
先生と一緒に、こ、こ、こう?こう?とやっても、全然、先生のように動きません。
そんな風に動かすんですネ!っていうのや、自分がどうなってるのかは、何となく解ってても、どうすれば、お手本のように動かせるのかが解りません…。
根本的に持ち方(力の入れ所)が間違っているのかしら(T_T)
とっても困りました。GW中に家で鏡を見ながら研究してきます…。

で、一生懸命さらってたガボットは、また今度になりました☆
…でも、弾けてなかったから、実はホッとしていたってのは秘密だヨ…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

ガボットコンツェルト♪

雨の晴れ間のラッキータイムに教室へ。
さっそく先生に「E線が…大丈夫かどうか見てクダサイ〜」と、見て貰いました。
先生は、思いっきり弾いてる途中に切れて、目蓋にあたって怪我をしたことがあるそうデス。
おそろしや〜!
「ウン。コレで大丈夫ですよ〜よく自分で換えられましたネ〜」との事で。
ハー、よかった…。とんでもない事をしでかしていたら、どうしようかと思いましたよ…。

で、ガボットから。4週目です。
E線が気になって、弓の配分を忘れていました…。
いい音がでるように、スラーの最初の音で、たっぷり弓を使うように。
速く弾くところで、弓の方向が乱れないように。
部分練習し、ピアノ伴奏と一緒に弾いて「よくなりましたねー!」って事で今週でおしまいデス♪

右手首の上下左右運動。
コレ、仕事中にペン持ってやってるんですが全然できません(T_T)
下(幽霊の手) 上(熊がガオーな手みたく) 弓はいつも下向きに。

次の曲、コンツェルト。3週目です。
速いトコの音がカスカスになってしまいます。
弾くコツは、全部の音を一生懸命弾こうと思わないで、小節の頭のトコだけ重みを置いて、後は力を抜いて軽〜く弾くと速く弾ける…かも。
右手のボーイング練習をして、部分練習、ピアノ伴奏と1曲通して弾いてみます。
先生のピアノ上手になってきましたゾ☆
この曲は3ページもある長い曲なのデス。
ピアノと一緒に弾いてる時は、止まってページめくれないので、暗譜状態で冷や汗かきながら弾いていました(笑)
最後まで詰まらずに弾けるようになってきたかな♪
でも細かい所は、まだまだ全然。次回も続きデス。

で、みれたら次の曲もみて来てネってことで、次の曲のタイトル、また「ガボット」です。
今度は、バッハのガボットです。ガボットって一体なんですか…と思って辞書を検索した所、
ガボット [(フランス)gavotte]

17〜8世紀フランスの舞曲。四分の四または二分の二拍子で、速くて快活優美な曲風。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

だそうデス。舞曲…そう云われてみれば踊れそうな曲かも。
ン?でも今日のガボットは呪いのような部分もあったんだけどな…☆
呪いの曲も無事終了して嬉しいデス(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

ガボットコンツェルト♪

相変わらず練習不足の日々ですが、ボチボチと…。
今週、進歩した所と言えば、コンツェルトの速い所が、それなりに速く弾けるようになりました…って、それだけです…ハイ…。
2ページ目からの元気のいい3連譜部分が全然速く弾けません☆
右手が遅れてます。脱力してって云われるんですが、むちゃ脱力してても速くは動かせないんデスの…。
私の敏捷能力の問題ですか…うう。
ガボットは、呪い部分の重音が、やっと揃うようになってきたかも…って、それだけです…ハイ。

右手を動かす練習を教わりました。
台の上に、右のヒジをのせます。弾く時のように弓を持ちます。
持ったまま、弓を上下左右に動かします。そ、それだけなんですが…。
先生の手首とかは指は、とってもたくさん動いてるんです。
左に動かすときは、指先が全部左に向かないとならないのです。
が、エー!?できないよう。
比べるとワタシの手首はまさに固まってます。なぬ!
ウーン、動かない…。それ以来、手首の柔軟体操をしておりますが…。

今週も先生がピアノの伴奏をしてくれました。先生頑張ってます(笑)
ワタシも頑張らねばー!音、だいぶ合うようになってきてウレシイです♪
次回も、この2曲です。
posted by フィー at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ロマンスガボットコンツェルト♪

オフの後、スタバで一休みしてから、お教室に到着。
新しい曲、練習してないケド、ウォーミングアップ済みなので、ま、いいや☆
教室に入ると、ピアノの近くに譜面台がスタンバってるではありませんか。
先生、ピアノ…つける気ですネ…?やべっっ(笑)

今日も、ロマンスです。ウォーミングアップしてあったせいか、結構なめらかにいけました。
そして先生のピアノの伴奏と共に…。
共に弾くと、どうも合わせるのに気が回って、自分の音を間違えそうになってしまいます。
ロマンスはまあまあいいカンジになったので今週で終わりになりました。

次は、ガボット。ガボットの呪い部分は、やっぱり呪いから脱出できません…(笑)。
全体的に弓を大きく使うようにして。
そしてコレも先生のピアノの伴奏と共に…。
やっぱりアセって間違えちゃいますねえ。コレは、もっと研究が必要です。次回も。

で、「次の曲、みました?」「チョ、ちょっとだけ…(マジでちょっとだけー!)」

てことで、次の曲、コンツェルトも弾くことに…コレはヤバい…全部弾けてないままデス(笑)。
おそるおそるゆーっくり弾き始め、速くなる所でヘロヘロに☆
左手の指がバタバタしてるので、もっと低空に構えて弾くように。ウン、速く弾き易くなりました。
「じゃピアノやってみます。コレ弾けるかなー」
(エ!?全部弾くんですかっっっ ヒー!後ろの方まだなんデス。初見同様なんデス。キャー☆)

…あはははは(乾いた笑い)…ダメだこりゃ…(先生も(笑))。

修行して来週出直してきまス…。←最近コレばっかり…。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

呪い 再び(笑)

今週の練習時間…2週間で合算3時間…。
でも、今やってるリーディングのロマンスは美しい曲で、何回弾いてもイヤにならないのが良いデス。
短時間の練習も身が入りマス。盛り上がるこの曲。
でも先々週「2週間あるから、次の曲もできたらみておいてくださいネ」だったのを思い出し、一応、次のもみておくか…と、弾き始めた次のリュリのガボット。
最初から中段くらいまでは、なかなか軽快で調子よかったんですが、最後の重音の小節2段は、全部、重音で弾くのデス…。
弾いてみましたとも…。♪ ミギャギギービヤーピロピロピロリ〜 ♪
キャー!怖いよー!!の、呪いの音楽じゃぁぁ!バイオリンから蛇使いの笛みたいな音がー!!
…自分で弾いておいて、こうですよ…
数回弾いても、なんかのまじないか儀式系の音で、もう耐え切れず、そのまま教室へ行くことにしました…(笑)。

ロマンスは、弓の配分だけで、随分、ラクに美しく弾けるようになるのを教わりました。
弓を大きくでもスピードは遅く …間に合わないんデスが…あ、気持ちの問題なのかも!w
細かく直してもらっていいカンジになってきましたヨ。来週、仕上がるといいな。

で、次の問題のガボット(呪い系)に…。注意事項を貰いながら、最初〜中盤を、それなりに弾いていき、重音部分で止まるワタシ(笑)
先生「…ン?次、行ってクダサイ」
私「うっ」…ミギャーギャーギャーギー…「ワーン、呪いの音楽にぃぃ…(T_T)」
先生「の、のろい…あははは(笑)」大ウケする先生。
その後、角度ですよ角度と、開放弦からの重音の練習になったのは、云うまでもなし…。
早く呪いの曲から逃れたいのがバレたのか、その次の曲もみてきてクダサイ。でした。
次の曲は、リーディングのコンツェルト。おおー!コンツェルト!!何気に偉くなったようデス(笑)。
先生にサワリを弾いてもらったら、これも良い曲…なんですが、な、なんか、めちゃ速弾きな部分があったのは、ワタシの気のせいですか…?

ウチに帰って、その部分弾いてみたら、やっぱ弾けないー☆
ムキー!これでもかー!とムキになって、そこばっかり弾いてしまいました。
指は回るようになったけど、右手の移弦するタイミングが全然合わないデス…。
なんだか苦労しそうなヤな予感がしたのでした…(笑)
posted by フィー at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

リベンジ…?

今日もまた、レッスン前に焦って練習。
…う、ヘタになってる…(T_T) どんどんヘタになってどうするんだ…(T_T)
先週は、ヘロヘロながらも、ガボットの方は、オマケで○を貰ったので、今日のメニューは、残ったメヌエット(一ヶ月以上もやってます…今週は終わりましょうね!と云われてた)と、新曲のロマンスの2曲です。
メヌエットは、1234と置いて4321と弾くのが、ぜんっぜん、できません。
しつこく何度もやってみたんですが、私にはムリらしいんデス…この指の動きが(笑)。
仕方なく1234はやめて、全部一気に置く練習に…。
新曲のロマンスの方は、まだ全部さらってなかった…やべっ☆と、慌てて練習。
ロマンスというタイトルに相応しい、しっとりと流れるような曲なので、(最初はタイトルに気がつかず、めちゃ元気に弾いてたという…)速く弓を動かす所がないのが幸いして弾き易く、つっかえなくなってから、教室へダッシュ。

今日もベートーベンのメヌエットから。
出だしからいきなりヘタに…。先生も「おやっ?リラックスリラックスー」
ダメなとこは相変わらずダメでしたが、最後にピアノ伴奏付きで「フ〜…もうこの曲終わりましょう(笑)」って事で、先生、ヤケクソの○デス。ヤケクソマルですよ…ハハハごめんなさい…(笑)。

そして今日新曲の、ロマンス。楽譜1ページ目の1/3位を弾いただけで、これでもかーこれでもかーというような、指摘事項が…(笑)。
左手の音はとれてるので、右手の表現力が大問題です。指板側によったり、スピードを遅くしたり、元弓を使ったり、繋げたり、相変わらずもうタイヘンです。
指摘事項が覚えられないほど、いっぱいあるので、いつも先生は一生懸命、教本に書き込んでくれます。すごい勉強してるヒトの教科書みたいになっております!休んだヒトにコピーして配れそうな雰囲気デス☆
そして、一応、私が曲の最後まで何とか弾けると云うことで、この曲も、先生のピアノと一緒に弾くことに!
必死で弾くワタシ。それ以上に必死でピアノを弾く先生(笑)。このロマンス、ピアノと併せて真の美しさを発揮する曲なんですネ。グッと盛り上がります…盛り上がるのですが、二人とも演奏がヘロヘロ…(笑)。
何とか最後まで通し終えたのですが、先生は悔しかったのか「ムキャー!失敗しました。ごめんなさいっもう1回リベンジいいですかっ?」と、2回もアンサンブルしちゃいました(笑)。
先生、楽しかったデス…いろんな意味で。
来週は、ロマンスを、さらに解体研究してゆきマス…お楽しみデス…。

今日は先生が、とても古そうなバイオリンを持っていました。
f字の孔のところから、不思議な緑のスポンジ棒のようなものが見えていたので、「コレなんですか?」と訊くと「楽器が乾燥しないように、コレを水に浸して湿度を保つ道具なんですよ〜。この楽器250歳のおばあちゃんだから…」
そんなに古い楽器もスポンジ棒も、初めて見て珍しかったデス。
posted by フィー at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。